身長が伸びるのはいつから

身長が伸びるタイミングは、人生の中で2回だけです!

 

1回目は、第一次成長期の時に
2回目は、第二次性徴期の時に

 

この成長期に、グッと身長が伸びます。

 

 

個人差はありますが、早いと男子は13歳ごろから、女子は11歳ごろから始まります。
遅いと、高校生から始まる子もいます。
女子のほうが早く始まり、早く終わります。

 

 

第二次性徴期が始まると、男子も女子も、身体の変化が現れてきます。
成長にともない、体もメンタルもいろいろと変化が生じます。
いわゆる思春期といわれる時期になります。

 

 

第二次性徴期は、身長が伸びる最後のチャンスです。
少しでも高い身長を目指すなら、このタイミングを逃さないようにしましょう。

 

第二次性徴期はいつからいつまで

第二次性徴期は、早い子だと男子は13歳ごろから、女子は11歳ごろから始まります。
遅い子は、高校生になってから身長が伸び始める子もいます。

 

中学2年や3年になると、まわりの友達がどんどん大きくなっていきます。
同じタイミングで大きくなれば気にならないですが、取り残されるとちょっと寂しいです。

 

 

いきなり身長が伸びるようなイメージがある方もいると思いますが、最初は少しずつ伸びています。
徐々に伸びだして、グッと伸びる子もいれば、そのまま伸び続けて止まる子もいます。

 

2〜3年ぐらいかけて体の成長が続きます。
急激に体が成長すれば、成長痛と言われる関節の痛みがあったりします。

 

 

だいたいどのくらい伸びるのか、両親の身長からの予測身長を計算できます。

 

<予測身長の計算式>
男子=(両親の身長の合計+13)÷2+2
女子=(両親の身長の合計−13)÷2+2
あくまでも目安の予測計算です

 

身長がどれだけ伸びるのかは、子供の生活環境に影響されます。
高身長を目指し『運動』『栄養』『睡眠』をしっかりと意識することが大切です。